最近のトラックバック

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

あっという間に

あっという間に
一日が朝も夜もなく約3時間おきの授乳&ミルク&オムツ取り替えのスケジュール。

幸いオッパイの出が良くて病院でもずっとほめらていたけど 弟君はミルクで成長を確実にする為 母乳は余力があれば飲ませる感じ。

なので胸がパンパンに張って痛い(泣)!
熱をもってしまうほど。

これは姉に頑張って飲んでもらはなくければ!
と言うまでもなく むせながらゴクゴク飲んでます。

弟君もだいぶ力がつき 二人とも少しふっくらしてきました。

良く寝てくれるしどんどん育ってます!

一週間

一週間
産んで一週間たったなんて思えない〜!

昼も夜もない生活であっという間に過ぎてしまった。

振り返ると入院は合宿みたいで楽しかったな。

産前に入院してた階にも行って挨拶してタクシーで帰る。
時間を見て準備を整えた成果ありでタクシーの中は超熟睡!

到着して数分固まってた(笑)。

やっと終わり

やっと終わり
つづき

二人目の位置がどうなるかが少し問題で 念のため痛みの途中に帝王切開のサインもさせられていた。

二人目 心音が弱まっている!
と聞こえ 私の鼻に酸素チューブが入り
「深呼吸して深呼吸!赤ちゃんに酸素送って〜!」と言われながら 2人目の陣痛の波。

ここまで来たんだ!出したい〜!

と頑張ってもなかなか出て来ない(泣)

最後これでもか これでもか とすごい力を出し頑張った。

なんかひっかかる感じで一人目から10分後にようやく出た〜!!!

結局逆子になって出てきてくれた。

泣き声がすぐ聞こえず 一秋に
「泣いてる?泣いてる?」と聞いた。

「大丈夫。泣いてるよ」
と聞いて安心。

すぐに私の胸に二人を抱かせてくれて教えてもないのに オッパイを吸った!

しっとりと生温かい肌がペッタリと私の肌に吸い付いて不思議な感じだった。

今となれば本当にこんなにドラマチックで贅沢な体験をさせて頂いて感謝感謝だけれど あの苦しみがあってこそ我が子は愛おしいのかな。

こだわってた訳ではないけど双子を自然分娩できて本当に良かった。
(これも今となればだけど)

つづきのつづき

つづきのつづき
(写真は産後直後の男の子)

つづき
ここからがクライマックス!

点滴(薬)をうつために分娩台に仰向けになった。

お腹は重くて辛いがこのままが良いと言ってベットの上にいた。

母が到着。
私も痛みが増してきて叫んだり荒れてきたので心配性の母だし祖母と一緒に外で待ってもらう。

夕方あたりから薬が効いてくるかもと言っていたので一瞬痛みが遠退いた時一秋に電話して
「夕方とか30分でも抜けられたら来て(泣)」
と言っておいた。
(これが良かった!)

時間の経過はよくわからないが
「薬を増やします」
と言うのが聞こえた。

ベットで痛くてギャーギャー叫んでるのに助産師さんばかりで先生が現れないのが ふと気になった。

こんなに痛いのにまだ生まれないんだ(泣)と思ったりしたが 後はずっと 痛い〜!とか あぁ〜!!!うぁ〜!とか叫んでた。

すると助産師さんが
「全開(子宮口)したからお産体制に入るからね!!」と言いいつのまにか先生達が4〜5人いた。

双子の出産はとにかく人手がいるので自然に生める病院も少なく今のご時世、助産師さん合わせ10名近くでかなりの贅沢お産だ。

しばらくしてまさかの一秋登場!

「ご主人が来ました!」
すごいタイミング。

「えっもう生まれるの?」
馬鹿〜!!今までが長かったんだよ〜。(泣)

「旦那さん!汗拭いてあげて!りんごジュース(ずっと飲んでた)飲ませてあげて!!」
と助産師さんに指示されてた。

「大丈夫か?白目になってるよ」
などと一秋が言うから一瞬少し気がそれたがまた痛みの波は来る。

「いきんでいいからね!」
と言われていきんでもそう簡単に出ない。

「ほら!頭見えてるよ!」と言われて やっとだ(泣)と思った。

いきむのには仰向けが良いが 陣痛は弱まるので(多分大きなお腹のせい)横向いたりして体制変えながら痛みとの戦い。

初めてでわからないし何度か息んでるのに出ない。
たぶん「出ない〜!出ない〜!!!うぁ〜!」
とか言ってたと思う。

「大丈夫〜出てる!」
とか聞こえた。

ドゥーワッ!っと一人目が出た!
「オギャ〜!」

やった〜!というのもつかの間。

二人目はどうなるの?

またつづく

つづき

つづき
(写真は産後直後の長女)

つづき

陣痛室に車椅子で行き 一人きりにされた時は不安になった。
お腹も少しづつ痛い。

たまにくる若いお姉ちゃんの言葉に気持ちを感じず 頼れる人がいない感じ。
6時頃 どんどん10分間隔位で痛くなり始めた時
「担当変わりました!」
と かなり美人で頼れそうなお姉さま助産師さんが来た。

よかった〜!

その後 いつも担当のT先生が診察に来てくれて
「痛くなっちゃいました〜」と私。
「よかった。薬使わないでもいけるかもね」
(その時私、結構意識モウロウ。多分そんな事言ってた)

その時点で子宮口6cm。
前の日の夜刺激をした時3cmだったので助産師さんも
「すごいじゃない〜!このままお産にいけそうじゃない!」と 嬉しい言葉。
陣痛は意外とフライングしたりする事もあり意味のある陣痛じゃないとただ痛いだけ。

そんなのもったいない。。

部屋がやたら暑いのと痛みが強まるのでナースコールすると 助産師さんが来て
「じゃあ分娩室いっちゃおう!このままいけそうよ!大森さんラッキーだね!」
と勇気をくれる言葉。

痛くてなかなか50m位が歩けない。

分娩室は暖かい少し落とした照明でかわいい壁紙の素敵なお部屋。

若くてまた綺麗な助産師さんが付き添ってくれて 腰をさすってくれたり痛みの波が来るたびに肛門を押してくれたり(楽になる。 ゴルフボールも持参したがテニスボールにすればよかった) 汗だくの私を うちわであおいでくれたり(確かうちわに 「安産!」とか書いてあった)まだまだ下っぱみたいだったが彼女がずっとついてくれた。

痛みがふと引く瞬間に一秋と実家に電話する。

かなり間隔がせまくて3分位。 お腹にモニターをつけて赤ちゃんの心拍を見ているのだが 右下に陣痛レベルというのがあって数字が上がると痛みが本当に来る。
見なきゃいいのについ見てしまい、
「あー!くるくる〜!痛い〜!!!」
とまた大騒ぎ。

お昼頃おばあちゃんが先に一人で来てくれた。
私はおばあちゃん子なので顔を見れてホッと安心した。

それまで私はお腹も大きく苦しいので分娩室のソファーにずっと座って痛みを進めていた。

知らない先生が来て
「双子の場合、陣痛の進みも遅く このまま夜中などになると人手も少なくなるし 少し薬の手をかりるのはどうかな」
と言われた。

私は早くこの辛さから開放されたいし早く産みたいのでOKした。

つづく

生まれました〜!!!

生まれました〜!!!
(恥ずかしいけど気に入ってる助産師さんが撮ってくれた写真)

自分の身体から人間が2人出てくるなんて!!
あまりにも非現実的で昨日の事が長い夢のよう。

そして出てきたものは
あまりにもかわいくてなんとも面白い!

普段実は泣き虫の私はお産中に絶対に痛くて泣くか感動して泣くか、それともずっと泣いているじゃないかと思っていたけれど全てが想像をはるかに超えていて涙が出なかった。
流している場合じゃなかった。。

では破水物語から

本当は昨日から陣痛誘発剤をやる予定が午前3時頃麻布十番散歩が効いたようで自然に突然破水した。

うとうとしてたら いきなりピュッと 小さい頃おもらしをした感じで飛び起きた。
痛くもないし 透明な感じだし でも一応ナースステーションに行って
「破水ってどんな感じですか?」と聞いた。

「あのおもらしだったら恥ずかしいんすけど(笑)」と言いながら すぐに検査薬で検査すると
「あ、破水ですね」と早い答え。

「モニターとってから下行きましょう」と言われ

えっ下って分娩室!?なんか想像してた始まりと違うので変な感じだった。
なんせ痛くもかゆくもない。
(この頃はその後起こるすざまじい痛みも知らずのんきなやつ)

次回に つづく

麻布十番散歩

麻布十番散歩
かなりお腹下にさがってます!
マタニティウェアも間に合わない位のお腹です。

助産師さんの係長さんが 「麻布十番まで行く道はいいわよ〜!」
と おっしゃるので同室のKさんと行く事にした。

あくまで早く産みたい場合の散歩道です。

帰りはタクシーのつもりだったのでで久しぶりに重い身体で歩いた〜!

有栖川宮公園を登り抜けて一人じゃ絶対ギブアップの久しぶりの長い道のりだった。

なんとかたどり着き お茶して帰る予定がたまたま通った 月島屋の今川焼きをその場でパクリして 久しぶりの感じと今川焼きの美味しさに二人大感激!!
普段なんでもない事が病院にいて出来ないというだけで楽しいもので高校生の買い食いみたいに楽しんでしまった!

病院に戻ったら 婦長さんはじめニコニコして助産師さん達に迎えられて かなり目立った2人になってしまった(汗)

そうだよね 絶対安静の人とかが多い中 いたって順調なんだもん。。

夜ちゃんと内診の刺激をしてもらう。
子宮口は3cmはひらいているそう。

明日本当に薬やるのかな?
私は緊急じゃないから何かと後回しにされそうだけど 薬の効きがよくて一気に進むと良いな。

まだ

まだ
まだ生まれてませーん。

昨日いきなり右側の人が退院し 夕方入って来た人は3日間陣痛があるのに 遠のいたりして 生まれない人。

「フーフー」「フーフー」

すごいリアルだ!

なんで陣痛室行かれないんだろ!

またまた私のお腹の中もぐーるぐる動きだした。
つられそう。。
(つられても良いよ)

これ一晩中はきついな。と思ってたら3時間後に普通に歩いて移動した。

そんなに混んでいたのかしら。。
なんか陣痛を見せられて勉強になったけど なんだかいちいち意味があるように感じる今日この頃。

軽くなりたい

助産師さんはじめ 皆さんに
「一段と大きくなりましたね〜!」と昨日あたりから言われる。

今までと同じでずっと停滞して ぐ〜ん!と一気に成長するパターン。

そのぶん圧迫されて急に私が食べられなくなったり 眠れなくなったり。

今日は6階まで階段のぼってみた。
4階辺りから息ゼーゼーだが頑張った!

早く軽くなりたい〜。

夜は内診&刺激を与えた。(痛いっ)

だいぶ下に来ていて準備が整っているようだ。

少しづつ少しづつだね。

数分の刺激にどっと疲れたが 一秋が自転車で登場。
パンを買って来てもらって私の病院食と交換して食べた。

やはり普段一緒に食べている人との食事が1番落ち着くな。

明日から

いよいよ お産を進める事になった。
37週に入り いつ出てきても良いし 先日量ったお子達の推定体重はあまり増えてないので お腹の中にいるメリットもない。

双子はお腹が大きくて陣痛がつきにくいらしく とりあえず明日は内診して刺激を与える。

様子見て次の日からは陣痛促進剤を少しづつ入れてみる。

思っているより そう簡単には生まれないみたい。

なーんて人によりけりなので 明日一秋が来た時サクっと生まれたら良いな〜!

おやつタイム

おやつタイム
病院内の生活スケジュールというのは 意外と自由。
あらかじめ言われる検査意外は いたらやりましょう 位な感じ。

今日は土曜日で同室の人は旦那様とお出かけだったりして静か。
よ〜し!ゆったりすごそう!と 下の売店に行き温かいココアを買って 最近ヒットのオールバナナでおやつタイム〜(るるる〜♪)!と袋を開けようとすると
「大森さ〜ん 心音とっても良いですか〜?」と見計らってた様に助産師さんが突然現れた。

「あ(笑)おやつタイムですね」と言うので
別に悪い事してないのに
「いつもしてないんですけど〜最近赤ちゃんの体重増えなくて〜(汗)」となぜか言い訳してしまった。

またまたお騒がせ2児ちゃんは いつもになく大暴れ!!!
お腹の皮膚がグォングォンウエーブしてる。
「おやつ食べられなかったからかな〜?」と助産師さん。

多分そのとおり!

でもその後 お産にあたり かなり為になる話を聞けた。
そしてまた新たに心構えが変わった。

若めの初めての人だったけど +アルファを教えてくれる人って本当にありがたい。

積極的にお産に向かおう!!

ドキドキ

ドキドキ
今日は2児ちゃんの心拍がモニター中に下がって ベテランの助産師さんが来た。
「一応酸素ボンベ持って来て!」

えー(泣)びっくりして半泣き。

「100以下になったらナースコールしてね」
と助産師さんがいなくなったとたん 「70」に。

えーっ(本泣)

みずおち辺りでとってたので 私の心音を機械がひろってしまった模様(笑)だが最初はわからず動揺。

その後しばらくして落ち着いた。

どうやら動きが激しくて自分でへその緒を踏んでしまった模様だ。

あーびっくりした!

その後 南里さんがお見舞いに来てくれて お腹に手をあててくれたら とても穏やかになり その後の検査は順調でした。

あーびっくりした。

お騒がせの2児ちゃん。
生まれてからもかい?

ここまでは

ここまでは
献立表が配られて少し先の選択をする。

あ!エビチリがある〜!
っと ここまでは産まないとか言ったりして(ごめんねお子達) 産んだ後に食べれば良いのに なぜか別世界に行くようだ。

でも何かは絶対変わる気がするんだけど。

ぐーるぐる

昨日の晩 向かいのベットの人の陣痛がはじまり 「お腹と腰痛いです〜」と
マンガ声のかわいい彼女がナースコール。

ドタドタと助産師さんが来て
「これはね 良い事だからね〜」となだめてる。

もう私もドキドキしてきた。
と思ったら私のお腹の子達も激しく動きだし夜中もぐーるぐる。
動揺してる(笑)

一心同体なんだな〜と実感。

結局彼女は様子見という事で頑張って 朝分娩室に行きました。

助産師さんに
「つられちゃって良いのよ〜」と言われたけど何もおきませんでした。。

1週間ぶり

ランチも始めて毎日忙しい一秋が来てくれた。

今日もフランス語やら店の経理の事やらで忙しそうで申し訳なかったけどだったけど 自転車で夕方来た。

たまたま廊下で担当の先生にも会えたし、夕飯は私の病院食(意外に味付けは美味しい)を一秋が食べ、私はずっと食べたかった近くのパン屋さんのパンを食べた。

忙しい中 来てもらいのもなんだから早く産みたいな〜!

階段のぼりとスクワットやらなきゃ。

おしゃべり

連休で旦那さんが来てる人多くて同室の人の旦那さんが
「夜とか何してるんですか?どうやって時間をつぶしてるんですか〜?」って素朴な質問をしてきた。

女性はいくらでも おしゃべり出来るから30分1時間なんてあっという間だけど男性は違うから 不思議なんだろうな。

私もTVもほとんど見なくなり おしゃべりしてる時間が1番長くなりました。(笑)

産みたい

産みたい
そろそろ産みたい。

そろそろ覚悟も出てきた。
痛みも堪えられるか、実際どうなるかやっぱり怖いけど でもいつかいつかと待ってるんなら そろそろ頑張るしかない!

と思うのだが こればかりは赤ちゃん達が決める事。

19日か26日の月曜日 イッシュウ休みの日が良いんじゃない?とお腹に話しかけてます。

今日は満月。
でも意外に静かな病院でした。

カフェでお茶

カフェでお茶
まさかカフェでお茶なんて出来るとは〜!

動かないから夜も寝付けないし そろそろお産を進める覚悟も出来たので一人で広尾方面に歩いたらカフェデプレがあったので思わず入ってゆっくりした。

久しぶりに甘い物食べたら甘さが強く感じて水をもらった。

病院の管理食で微妙に減りつつある体重も明日は増えそう(笑)

でも私は間食OKだし 周りの人を見ると本当に恵まれた妊婦だこと!

同室には減塩食や おやつ抜きの人もいるので部屋でおやつを食べるのは気がひけるし。。

ピキピキ足つりながら それでもキビキビ歩く様に頑張ってます!!

いっぱい

いっぱい
移動図書館というのが部屋まで来た。これってどんなのだっけ?1刊だけ漫画と何冊が本を借りたら 「あ、全部ありますから持って来ます〜!」と16巻までどーんと山ずみ!!

モニター

モニター
これは赤ちゃんの脈と私のお腹の張りを見る検査。
今は週3回と外出前に30分かけて診る。
ベルトを巻いて赤ちゃんの肩あたりにパットをあてる。

私の場合2児ちゃん(男の子)が動いていなくなるしいつも微妙に場所が違う!

今日はかなり上、みずおちあたりだった!

上すぎじゃない〜!?

早くも暴れん坊だ〜!

初外出

初外出
(東京タワーも見えた!)

今日は15時から少し出てみよう!と届けを出した。
外出する前に赤ちゃんの心音を確認するモニターをしなければいけない。
私の場合2人だし2人目がいつも逃げる(笑)ので30分以上かかるから少しめんどくさい。

やっと済んで出かけようとしたら いきなり父親が現れた!
連絡も無しに5分遅かったらいなかったよ〜!
すごいタイミング!

一緒に近くのスーパーに行けたけど 私は足がつりまくり休み休み。。

それから今日新しく右隣に入った彼女は中国人で旦那さんはイタリア人。

なんと松原にお住まいなのでイッシュウの宣伝をしておいた。
旦那さんに帰る時カタコトで
「オツカレサマデス」と言われておかしかった。

昨日は同じ部屋で1番長い彼女が京王沿線(4人部屋なのにすごい確率)でだったので イッシュウの話をしてたら連絡もなしで 旦那様が登場。なんとイッシュウに来た事あるという。
すごいタイミング。

なんか妊娠してから引き寄せる何かが強いのか人の夢にはよく出るし、連絡するとしようと思ってたと言われたり、以前に軽く一秋と喧嘩(笑)した次の日もらったネックレスが引っ張ってないのに切れたり(引っ張ってないけど切れたと言って買った店に直しに出したらタダで直してくれる事に!ラッキー!)いろいろタイミングが合う。

妊婦パワーおそるべし!

いろいろなドラマ

いろいろなドラマ
私は窓際ではないけれど実はこの部屋から六本木ヒルズが見える事を同室の人に聞き びっくり!
その方のベットは特等席!
夜景がまた綺麗!
今度写真とります。

昨日入院してきた右隣の人はすぐ馴染んでご飯時、皆で話しながら食べるようになって
「家で一人で食べるよりいいね〜」などと話してたら 急遽明日早めに赤ちゃんを帝王切開で出す事になった。
赤ちゃんの成長が遅くてまだ1400gで私より週数早いのに!

あ〜自分を含め何が起こるかわからない。

ただ一つ言えるのは私は他の人より問題がないという事(笑)。

回診に来る先生も
「お変わりなく〜(笑)」って感じだしな。

でも何かは見つけて訴えるようにはしてます(笑)。。

入院2日目

入院2日目
規則正しい毎日。
栄養を考えられた食事。
今日のランチ。
痩せそう〜!?

昨日はお腹が張って眠れず冷えてた事がいけなかった〜。
病院暖かいから油断した。

2日目にしてだいぶ慣れ部屋の人ともおしゃべりをいろいろとする。

かと思いきや私の目の前のベットの人は予定日超過で昨日入院して今朝8時30分から誘発剤して あっという間3時間で生んじゃいました!

2人目でケロッとして今廊下で立ち話。その後洗濯までしてました。
すごい!
お腹触ってもらい安産菌をいただきました。

生まれると部屋も変わる。
一抜けた感じ!

みんなそれぞれの事情を抱えながら一つのゴールに向かっている。

隣のベットの人が退院したと思いきや また新しい人が入った。

皆で向かって行こう!!て感じだ〜。

入院始め

入院始め
あ〜とうとう来ました〜!
旅行の様な荷物を一秋に持ってもらい(どの位入院するのかわからない!)お昼頃病院につき、一秋はさっき帰ってしまいました。(泣)

パジャマに着替えたらそれなりの気分になったけど具合悪い訳じゃないし何しよう〜って感じ。

家にいる時より動かないから逆になかなか生まれなさそうな気がする

でも37週あたりに2500g以上で産んでさっさと家に帰りたいな。(上げ膳据え膳だけどね〜)

つかの間の休息。
ゆっくりしよう〜!

やった〜!病院でおやつが出た!(クレープ!)

いよいよ

いよいよ
あっという間に4日を迎えました〜。


1〜2ヶ月家を空けると思うと入院準備の他に一秋への仕事の伝言(写真)、家の細かい整理、冷蔵庫のストックなどなど 身体がきついので思う様にはいかないけれど それでも8割は終わらせました。

いや〜長い旅行でも出かけるようだな。(母親になる旅か!)
帰って来る時は母親になってるんだ〜!!

それにしても久しぶりにゆっくり夫婦ですごしたお正月でした。

明日からは携帯電話で更新になると思います!

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
雲ひとつない気持ちの良い元旦ですね!

今日は救急外来で見てもらう為 一秋と病院へ行きました。
元旦から病院なんてとは思いません。
最近旦那さんと検診に来てる人が多いので正直少し羨ましかったのです。
(実際仕事休んでまで来る?って感じですが)

電車もバスも空いていて良い感じです

いつもと違う分娩室の近くで臨時に機械運んで検診をしてもらいました。
1児ちゃんは2200gに成長し 申し分ない体重。
2児ちゃんは相変わらずクロスして重なり 正確には測定出来ずでした。

先生は5日から入院を忘れていて いつから入院するかだね〜?とか言うので なんだ〜だったらもう少し後が良かったと思いましたが もう手続きしちゃったからしょうがない。

問題ないので入院が早まる事はなく5日からに決定です!
それまで食べたい物食べとこう〜(笑)

今年も(は)頑張りま〜す!
どうぞよろしくお願いいたします!

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ